トマト

料理を極めよう!

これからトマトの食べ方を研究してみましょう!みなさんはどんなトマト料理が好きですか?トマトはそのまま食べることができますが、料理して食べるのもおいしいものです。煮たり焼いたり、和えたりすると、トマトがいろんな姿に変身します。

トマト好き?嫌い?

トマトが好きな理由

好きな理由には「香りが好き」「酸味が好き」「見た目が好き」「食感が好き」などがあります。ピザ・パスタ・ロールキャベツなど、私たちが大好きなトマト料理は、実は世界中で発展したトマト料理なんですね。中には嫌いだったけど、あるきっかけで好きになったという人もいます。おいしく食べる方法を知っている、というのがカギだと思います。

トマトが嫌いな理由

きゅうりやピーマン、しいたけと並んでいつもトマトは嫌いな野菜にランクインしています。なぜなのかというと、「すっぱいから」「においがいやだ」「どろっとした食感がいやだ」「種が気持ち悪い」などの理由があります。どの程度嫌いなのかというと、「見るのもいや」「泣きたくなる」「無理をすれば食べられる」などいろいろなタイプがあります。おいしい食べ方がみつからないのかもしれません。

どうやったら食べられる?

トマトを見ただけでもうだめ〜っていう人は、トマトの見た目も何とかして欲しいって思っているようです。でも、それでは本当にトマトは好きになってもらえないんじゃない?と考える人もいます。とりあえず食べてみてもらわないと、おいしいかどうかなんてわからないので、食べてもらえるようなレシピを紹介したいと思います。

冷やしトマトの食べ方

トマトといったら、生でがぶり、がおいしいんですよね。トマトの味がいちばんわかります。でも、だからこそトマトが嫌いな人は、結構生のトマトを見て嫌いになった人が多いんじゃないでしょうか。そこで、冷やしトマトにかけるものを提案します。みなさんは冷やしトマトには何をかけますか?塩やドレッシングをかけるという人が多いと思います。

ウスターソース

ウスターソースにはトマトも含まれていますが、いろんな野菜や果物が含まれていて、トマトの味が気になりません。

はちみつ、砂糖

砂糖をかけてトマトを食べられるようになった人が結構います。特にはちみつはコクがあってやわらかい甘さがします。トマトがフルーツのように感じられます。

マヨネーズ+ソース

かつおぶしをかけるとお好み焼き風になります。トマトの味が気にならず、とってもおいしいです!

トマト料理で仲良くなろう!

料理を作る前に

トマトの料理を食べておいしいと感じるのは、見た目・味・におい・舌触りといった五感を使って感じるものです。ですから、トマト料理をおいしいと感じるような料理を作るなら、素材選びは欠かせませんし、仕上がりも食欲をそそらなければなりません。トマト料理に欠かせない、食材の相性や調理のコツを紹介します。

レシピ集

サラダ・スープ・パスタ…お店に並んでもおかしくないような、簡単なのにおいしい、トマト料理のレシピを紹介します!トマトが好きな人も苦手な人も、好みの味にアレンジできます。トマトが苦手な人もこれなら食べられるかもしれません!?

ジュースとケチャップ

加工品として知られるトマトジュースとトマトケチャップはどのように誕生したのでしょう。そこにはあまり知られていない歴史がありました。毎日でも食べたくなる、トマトジュースとケチャップの作り方も紹介します!