トマト

トマトがみんなに届くまで

どのように栽培され、私たちの口に入るのでしょうか。トマトを食べるということは、どのように作られているのか、その年の気候はどうだったのかなど、いろいろなことを考えることができます。また、自分で育てることで、どのようにが育つのかを知ることもできます。

有機栽培について

有機栽培とは、これまで化学肥料や化学農薬を使ってトマトや植物を栽培していたのに対し、自然に存在するものだけを利用して栽培することをいいます。有機栽培には基準があって、やむを得ない場合にのみ使える化学肥料や化学農薬のリストや、2年以上化学肥料や化学農薬を使用していないことなどの基準があります。環境にも人の体にも優しい栽培方法として注目されました。

地域のトマトを食べよう♪

全国各地の給食では、地元の野菜を食べてもらおうとその地方で採れた野菜を使って、給食に使われます。収穫した野菜をその地方で食べることを地産地消(ちさんちしょう)といいます。地産地消の良さは、地元で採れたての野菜を食べるので、輸送費がかからず、新鮮な旬の野菜を食べることができることです。年中出回っているトマトも地産地消にすることで、どんな人が作っているのかな?この味はしっかりしているな、などといろんなことを感じながら食べることができます。

トマトをまるごと感じよう

トマトについて知るには、自分で作って食べるのが一番です。くるくると表情が変わるトマトを観察すると上手に栽培できるようになりますし、自然の生き物なんだと感じることができます。トマトをまるごと楽しんでみませんか?

栽培しよう!

家で育ててみませんか?畑がなくてもプランターや植木鉢、バケツで作ることもできちゃいます。自分で育ててみると、トマトがどのように育つのか、成長の様子がわかりますよ。

永田農法のトマト栽培って?

これまで、化学肥料や化学農薬を使った栽培では、トマトを早く簡単に、たくさん作ることができました。それが近年、食べる人の口に入るものとして意識され、環境に優しくて安全なものを食べたいと考えるようになりました。永田農法では化学肥料を使っていますが、これまでの栽培方法に比べるとずっと環境にも人にも優しい栽培方法です。永田農法とはどんな栽培方法なのか、注目してみました。

トマトの流通を知ろう

トマトは食料品のお店に行くと必ず置いてあります。どのように生産されて、私たちの食卓に上がるのでしょうか。トマトの流通についてお話しします。